皮膚科ドクター直伝!美肌の秘訣は日焼け止めの塗り方にあり!?

私の友人に皮膚科のドクターがいるのですが、彼女はとてもキレイな肌の持ち主です。さ

ぞ特別なケアをしているんだろうなと思ってその方法を聞いたところ、答えは何と「日焼け対策をしっかりしているだけ」との答えだったのです。しかも特別な事をしているだけでなく「日焼け止め塗り方に気をつける」ただ、それだけなんです。

彼女が言うには、ほとんどの方は日焼け止めを正しく塗れていないため、せっかくSPFの高い日焼け止めを塗っていても、効果が実感出来ないのだとか。その正しい塗り方と言うのは①重ね塗りをする、②外出30分前に塗る、この二点に気をつけるだけなんです。

日焼け止めを重ね塗りするのが必要な理由は、一度しか塗らないとどうしても「ムラ」が出来てしまい、日焼けを完全には防げない事。二度塗りでも不十分なので、出来れば「三度塗り」が理想だと言う事です。

そして外出前はどうしてもバタバタしてしまい、家を出る寸前に日焼け止めを塗り、メイクを済ませる方が多いと思うのですが、日焼け止めと言うのは、塗って肌に吸収されるまでに最低30分はかかるので、塗ってから時間を置いて外出しないといけないそうなんです。この二点を守るようになってから、かなり望まない日焼けが減りました!

個人的には、小麦色の肌もキレイだと思うのですが、日焼けは皮膚がんの発生率を高め、シミやシワの原因になるので「10年後後悔しないように、日焼けはだめ!」と言ってくれた彼女の言葉通り、毎日日焼け止めと格闘する毎日を送っています。ぜひみなさんも「正しい日焼け止めの塗り方」をマスターしてくださいね!

コメントを残す